お役立ち

不用品回収は10万円でどの程度対応出来るの?サービスを賢く使うコツも解説!

不用品回収を業者に依頼する際に気になるのはやはり金額です。どれくらいの金額でどの程度の不用品や粗大ゴミを回収してもらえるのか気になりますよね。

結論を先に申し上げると、10万円で大量の不用品回収は可能です。この記事では不用品回収の各種サービスを紹介し、10万円で回収できる目安を解説いたします。サービスの種類や事前見積りで失敗してしまうと損をしてしまう場合もあります。

この記事をよく読んで効率良く不用品回収を依頼しましょう。

不用品回収は10万円でどの程度回収できる?

Waste-collection2

不用品回収は大きく分けて2つのサービスに分類されます。

  • 品目ごとの回収サービス
  • 積み放題サービス

まずはそれぞれの特徴を紹介します。今回は10万円を目安としているので”積み放題サービス”が特におすすめです。”品目ごとの回収サービス”にも良い点はあるので覚えて損はありません。

それぞれの用途に応じた最適なサービスを選択することが、効率良く不用品回収を行う最大のコツになりますので是非参考にしてください。

品目ごとの回収サービスの場合

このサービスは不用品を1点から回収してもらえます。回収する粗大ゴミの種類によって値段も大きく異なります。例えば、テレビやタンスなどの中サイズは約2,000~5,000円となります。冷蔵庫やピアノといった大きめの粗大ゴミの場合は6,000~1万円以上となります。

また、”品目ごとの回収サービス”の場合粗大ゴミの種類以外にも人件費・車両費・処分費といった基本費用が発生します。人件費であれば一人当たりの時間単価は約3000円です。車両費であれば軽トラックで約3,000円程度。

大きめの2tトラックであれば約8,000円程度かかります。処分費は10kg当たり約400円前後となります。

例:一般的な粗大ゴミの回収イメージ(業者毎に価格のバラツキはあります)

  • 冷蔵庫×1台=8,000円
  • 洗濯機×1台=4,000円
  • ベッド×1台=3,000円
  • タンス×1棹=2,000円
  • テレビ×1台=2,000円
  • 人件費×1時間=3,000円
  • 1tトラック=6,000円
  • 処分費×400kg=16,000円

合計:44,000円

一人暮らしの粗大ゴミ回収であれば約45,000円程度となりますね。この様に1部屋程度の量なら品目ごとの回収サービスの方がお得になる場合があります。

積み放題サービスの場合

このサービスは大量の粗大ゴミの回収を目的としています。魅力的なポイントは定額制である事です。各トラックの大きさ毎におおよその金額が分けられています。また、1立方メートルあたり10,000円が相場となりますがイメージが難しいので間取りで説明します。

積載量料金間取り
軽トラック9,800~25,000円押入れ~1K
2tトラック60,000~80,000円2DK~2LDK
4tトラック80,000~100,000円3DK~4DK

今回は10万円を目安としているので積み放題サービスに換算すると4tトラック程度の粗大ゴミの回収が可能となります。間取りにすると3DK~3LDKとファミリータイプの移住スペースにも相当する為、とても多くの不用品回収が行えますね。

また、品目ごとの回収サービスと違い人件費や車両費なども込々の価格となる為安心です。但し、悪徳業者は上記価格に加えて人件費や車両費等を請求してくるので業者選びのポイントを下記の記事からしっかりと学んで依頼することをオススメします。

不用品回収業者の評判が気になる!評判がいい業者を選ぶ方法を紹介! 不用品回収業者を利用しようと思っても、どの業者を利用すればよいのかわからず、お困りの方もいるのではないでしょうか。評判がいい業者を利用...

大量の不用品回収を効率良く行うサービス

Waste-collection3

では改めて、大量の不用品回収を効率よく行うサービスを解説します。先ほど紹介した2つのサービスで価格の違いを見てみましょう。

大規模な回収に品目ごとの回収サービスは不向き

先ほど例に挙げた1人暮らしの金額をベースに見てみましょう。

45,000(1人暮らし)円×4(4DK分)=180,000円

単純計算だけでも”80,000円”も金額が高くなってしまいます。加えて、人員も増える為、実際は200,000円程度になることが予想されます。

1人暮らし程度の不用品回収なら品目ごとの回収サービスがお得ですが、大量の不用品回収になってしまうと金額が高くなってしまうのでオススメできません。

積み放題サービスでお得に回収しよう

積み放題サービスの場合は4t(4DK)換算で約100,000円程度となります。こちらには先ほども記載した通り、人件費や燃料費、車両費も含まれた価格である場合が多いので、品目ごとの回収サービスと比較した場合に半額程度まで費用を抑えることが可能です。

大量の不用品回収を検討されている方は積み放題サービスを利用しましょう。

大量の不用品回収に対するユーザーの声

Waste-collection4

大量の不用品回収に関するユーザーの声を集めました。不用品が多い場合には積み放題サービスがやはり有名です。しかし、追加費用など懸念点もあるので注意が必要ですね。

積み放題サービスを賢く使うコツ

Waste-collection5

大量の不用品回収に適している積み放題サービスをさらに賢く使うことで無駄な追加費用や低価格な業者に依頼することが可能です。ここではぜひ実践してほしい賢く使うコツを2つ解説いたします。不用品回収にかける費用は必要最低限にしましょう。

部屋の写真を送付して認識を合わせる

一般的な見積もりを実施する際には電話で大体の粗大ゴミの量や間取り換算の量を伝えることになります。しかし、私たち顧客が想定している量と業者が想定している量にギャップが生じる場合も多くあります。

実はこのギャップがトラブルのほとんどの原因になります。最悪の場合、作業当日に追加費用を請求されることにも繋がってしまうので、何としてもそんな事態は避けたいですね。

そこで問題を解決するコツを紹介します。それは不用品の写真を利用して見積もりを依頼することです。作業を依頼する不用品の写真を複数枚撮影して業者に送付しましょう。その状態で見積もりを依頼する事で業者とのギャップを最小限に抑えることが出来ます。

また、このコツの良い点は業者との認識合わせ以外にもあります。実際の見積もりより高額な費用を請求された場合に、第3者が適正価格かどうか判断する材料にも適しているのでトラブルが発生した際にも効果を発揮します。

業者に見積もりを依頼する際には是非回収を依頼する不用品の写真を送付して見積もりしてもらいましょう。

複数業者に相見積もりを依頼する

業者といっても価格がピンキリです。また、1つの業者ばかりに依存してしまうと足元を見られて価格を盛られる場合もあります。その為、複数業者に同じ条件で相見積もりを依頼してみましょう。同じ価格帯の業者が複数ある場合には値引き交渉することも出来ます。

実際に業者を選定する際には相見積もりの結果、最も費用が安いもしくは日取りの都合が良い業者に依頼することでお金と時間を効率良く使うことが出来ます。

大半の人は安くて対応が良い業者に依頼する事にメリットが有るので、出来るだけ不要なお金と時間は無駄に浪費しないように相見積もりすることをオススメします。1点注意が有ります。極端に安い見積もりは警戒しましょう。

例えば、他社の見積もりの半額以下であったり見積もりの詳細が曖昧に記載されている場合には特に注意が必要です。この手の業者は所謂悪徳業者に該当する場合があります。その実態は見積もりを安く出し仕事を受けて当日見積もり以上に高額な費用を請求する手口です。

こういった悪徳業者に引っかからない為にも先ほど紹介した記事に加えて、下記の記事からも悪徳業者に見分け方を予習しておきましょう。

不用品回収無料は要注意!違法な業者を見分けるポイントとは? 家庭で不要になった家具や家電製品の処分に、不用品回収を利用したことがある人は多いかと思います。そこで今回は、不用品回収を無料で行うこと...

追加料金を発生させない為にやるべき事

Waste-collection6

優良業者の場合は積み放題サービスの定額に不当な追加費用はありませんが、一部業者では搬送費等を別途請求してくる可能性が有ります。事前見積りの段階でそれらの費用が定額サービスに含まれているのか確認する必要があります。

口頭での確認は履歴が残らないのでトラブルに発展しやすいです。曖昧な確認方法ではうまく言いくるめられるかもしれないのでハッキリと確認し可能であれば音声を録音しましょう。

積み放題サービスに含まれる金額の確認

よくある別途追加費用が発生するものを下記にまとめました。これら4つの項目は必ず確認しましょう。

  • 不用品の搬送費
  • 不用品の分別費
  • 作業員の出張費
  • トラックの燃料費

それぞれが何を意味するのか簡単に解説します。基本的に見積もりに書かれていない費用はあとから請求される可能性が有るので、定額制に含まれるサービスを細かく聞くことで損をするリスクを下げることが出来ます。

不用品の搬送費

部屋の中から不用品や粗大ゴミを回収する際の作業費になります。この費用が別途かかる業者は辞めておいた方が良いです。

不用品の分別費

粗大ゴミの分別を行う際に発生する費用になります。ゴミ屋敷などはこの費用が発生する可能性が有りますので事前に部屋の状態を正確に伝えましょう。

作業員の出張費

業者の支店が近くに無くスタッフの長距離移動が必要な場合の費用になります。地方にしかないローカルな業者に依頼する際は注意して確認してください。

トラックの燃料費

トラックを運転する際にかかる燃料費になります。特に長距離移動が必要になる場合は注意して確認してください。

不用品の大量回収は10万円で十分可能!

Waste-collection7

不用品回収を大量に必要としている場合は”積み放題サービス”を利用しましょう。”品目ごとの回収サービス”を選んでしまうと高額になってしまうので注意してください。また、回収してもらう不用品の量や部屋の状態は事前に写真で認識合わせをしましょう。

これによりトラブルに発展するリスクを極限まで下げることが出来ます。加えて、追加費用が発生しないように定額プランに含まれるサービスの詳細を事前に確認しましょう。

悪徳業者は後になって高額な費用を請求してくる場合があるので念入りに確認してください。この記事の結論としては10万円で十分な不用品回収が可能となります。大量の不用品に囲まれた生活や引っ越しの準備の際には是非ご活用ください。