お役立ち

生活・粗大ゴミは不用品回収業者に依頼!費用・注意点まとめ

「仕事が忙しくて、部屋に溜まったゴミを片付ける時間がない」「ゴミ屋敷状態になってしまって、自分一人ではどうにもできない」「倉庫に粗大ゴミがたくさんあるので処分したい」

ゴミにまつわる悩みは意外と多いものです。こまめに掃除をしてゴミを溜めないことはなかなか難しく、気が付けばゴミがたくさん溜まっている状態になってしまいます。そのようなときにおすすめなのが、不用品回収業者を利用することです。今回は、不用品回収業者を利用してゴミの処分をする際にかかる費用や、注意点について解説します。

生活ゴミ・粗大ゴミの回収が可能!

生活ゴミや粗大ゴミは、不用品回収業者に回収を依頼することができます。不用品回収業者がゴミを回収する際の特徴についてご紹介します。

分別不要で家中のゴミを回収可

「ゴミを回収してくれると言っても、あらかじめ分別しておかなければならないのでは?」とお思いの方のいるかもしれません。しかし、分別をしておく必要はなく、家中のゴミを、素材にかかわらずまとめて処分することができます。

ですから、一つのゴミ袋に紙、プラスチック、洋服、ペットボトルなどを一緒に入れても全く問題ありません。また、生活ゴミと粗大ゴミが両方ある場合でも、一度に回収をしてもらえます。家中にあるゴミを回収してもらい、スッキリ綺麗な状態に戻しましょう。

生ゴミや危険物は回収不可

家中のゴミを回収してくれる不用品回収業者ですが、回収不可のものもあります。業者によって違いますが、一般的には次のようなものは回収不可です。

生ごみ、液体、灯油、エンジンオイル、ガスボンベ、スプレー缶、危険物、医療器具、土、砂、生木、ブロック、動物の死骸、汚物、違法なもの

業者によっては上記のものでも対応可のところもありますので、回収してもらえるか不安なものは、問い合わせのときに回収できるか聞いてみましょう。

ゴミの回収依頼をするメリット

お金を出してゴミを回収してもらうのですから、メリットがたくさんあった方がお得です。不用品回収業者にゴミの回収を依頼すると、次のようなメリットがあります。

ゴミ屋敷でも最短で綺麗になる

ゴミ屋敷の場合、部屋中にゴミが山積みになっている状態なので、元の綺麗な状態にするにはかなりの時間がかかるのではと心配になる方もいるでしょう。しかし、ゴミ屋敷清掃の場合は、作業員が複数訪問し一度にゴミを回収します。また、ハウスクリーニングもしてくれるため、引っ越ししてきたときのような綺麗な状態に戻してくれます。

ゴミの量によって作業員の人数は代わり、なるべく短時間で作業が終了できるようにします。そのため、早くて数時間、遅くても1日で全て作業が終了することが一般的です。

忙しい方でも、休みの日に依頼すればあっという間に綺麗になり、次の日から快適な生活を送ることができるのです。

回収・清掃を全部お任せできる

「自分が出してしまったゴミだから、いくら作業を依頼したと言っても自分が積極的に部屋の片づけをしなければならないのでは」とお思いの方もいるかもしれません。

しかし、回収は全て業者がしてくれます。ゴミを家の前に移動しておく必要もありません。また、清掃が必要な場合も業者が行いますので、お客様は全く何もしなくて大丈夫です。ただ作業時に立ち合いをしていればいいので、作業中は自由に過ごすことができます。

また、業者によっては立ち合いをする必要もなく、鍵を預けておけば仕事中などお客様が自宅にいないときに作業をしておいてくれる場合もあります。

買取による費用節約もできる

不用品回収業者の中には、まだ使えるものを買取している業者もいます。例えば、家電、パソコン、スマートフォン、ゲーム機、着物、骨とう品、ブランド、自転車、バイクなどは、状態にもよりますが買取をしてもらえることがあります。

買取をしてもらえれば、その分の金額を回収費用から差し引くことができますので、回収費用が節約でき大変お得です。回収をしてもらう前に、買取してもらえそうなものがないか、探してみることをおすすめします。

ゴミ回収依頼時の注意点

ゴミを不用品回収業者に依頼する場合、注意しなければならない点があります。それは、業者の選び方です。業者の中には悪徳業者がおり、そのような業者を利用してしまうとトラブルが起こってしまいます。優良な業者を利用し安全にゴミの回収をしてもらうために、気を付けるべきポイントをご紹介します。

3社程度で見積を頼み安い金額の業者に依頼する

ゴミの回収を依頼する際には、まず見積依頼をし、どのくらいの料金がかかるのか業者に金額を出してもらいます。見積は無料です。「見積にも料金を請求してくる」「見積をしたら回収の契約をしなければならない」といった業者は悪徳業者ですので、見積自体を断りましょう。

見積は3社ほどでしてもらうのがよいでしょう。3社で見積をしてもらうとおおよその相場がわかりますので「業者に高額な料金を請求されているのでは?」といった不安を感じることなく回収を依頼することができます。

また、3社の中で一番安い見積額を出した業者に依頼することで、費用を抑えることもできます。ただし、あまりにも安すぎる見積を出す業者は、見積額を安くして回収の契約をさせ、回収当日にさまざまな理由をつけて高額な料金を請求してくる恐れがありますので、避けた方がよいでしょう。

一般廃棄物運搬業許可がある業者に依頼する

不用品回収の業務を行うためには、自治体から一般廃棄物運搬業許可を得る必要があります。一般廃棄物運搬業許可がないまま不用品回収をしている業者は廃棄物処理法に違法している業者です。違法業者に依頼するとトラブルが起こる可能性が高いため、利用は絶対に避けましょう。

依頼したい業者が一般廃棄物運搬業許可を得ているかどうかは、業者のHPやチラシに明記されていますので、チェックしておきましょう。また、買取も行っている業者は、古物商許可証も必要です。買取してもらいたいものがある場合は、こちらも合わせてチェックしておくことが必要です。

「無料で回収」と宣伝しているところには依頼しない

「無料で回収している」と宣伝している業者もいますが、このような業者も悪徳業者・違法業者である可能性が非常に高いため、利用しないようにしましょう。

無料だからお得だと客を騙し、運搬料などの名目で高額な料金を請求してくるというトラブルが発生しています。また、実際に無料で回収したとしても、再利用できないものを不法投棄する違法業者もいます。

このように「無料回収」をうたう業者はトラブルの元ですので、関わらないようにしましょう。

ゴミ回収の費用相場

業者によって費用やプランはさまざまであり、ゴミの量によっても料金が変わってきますが、おおよその相場をご紹介します。

粗大ゴミ

ゴミ回収の料金体系の一つとして、基本料金があります。これは、トラックの使用料、ガソリン代などを含み、相場は3,000円~6,000円程度です。

粗大ゴミは、品目ごとに料金が定められており、だいたいどの粗大ゴミも数千円で収まることが一般的です。ただ、エアコンの場合は取り外し工事が必要であれば一万円を超えることがある点には注意が必要です。

粗大ゴミを一点~数点処分してもらいたいという場合には、基本料金+各粗大ゴミの料金を支払うことになり、一万円程度で収まることもあります。中には、基本料金を請求しない業者もいますので、その場合はさらに安くなります。

ただ、粗大ゴミがたくさんある場合は「トラック積み放題プラン」を利用する方がお得です。こちらはトラックにゴミを積めるだけ積むというもので、ゴミの種類や量ではなくトラックの大きさによって料金が決まっているというものです。トラックの大きさによる料金の相場は以下の通りです。

軽トラック15,000円~25,000円
1tトラック35,000円~40,000円
2tトラック30,000円~60,000円

ゴミ屋敷

ゴミ屋敷のゴミ回収の場合は、部屋の大きさで料金が決まることが一般的です。ゴミの量や、ゴミの蓄積年数、部屋の汚れの程度などで料金は変わりますが、おおよその相場は以下の通りです。

1R、1K15,000円~
1DK20,000円~
1LDK50,000円~
2DK110,000円~
2LDK130,000円~
3DK150,000円~
3LDK180,000円~
4LDK220,000円~

ゴミ回収は不用品回収で!

ゴミの処分方法にお困りの方は、不用品回収業者に依頼すれば、回収や清掃を全てお任せできるので、ゴミの処分を楽に終わらせることができます。

また、粗大ゴミがたくさんあっても家がゴミ屋敷でも、短時間で回収してもらうことができるため、忙しい方にもピッタリのサービスです。ゴミ回収は、ぜひ不用品回収業者に依頼しましょう。