お役立ち

ベッドの処分方法!不用品回収業者に依頼するメリットとは?

今回は、不要になったベッドの処分方法について紹介したいと思います。自分でベッドを解体して処分する場合は、特に注意しておくことについてもまとめました。さらに不用品回収業者に回収依頼をする場合は、そのメリットも紹介するので、ベッドを処分したい方は是非参考にしてください。

ベッドの処分方法

今まで使用してきたベッドがいらなくなった場合は、主に以下の方法で処分することができます。

自治体の粗大ゴミ回収に出す

1辺の長さが30cm以上ある不用品は粗大ゴミになります。そのため、大型家具のベッドは自治体の粗大ゴミとして回収に出すことができます。
自治体によって粗大ゴミの処分方法は多少異なるので、お住いの自治体で事前に確認しておくことをおすすめします。

買い替えのタイミングで下取りしてもらう

新しくベッドを買い替える予定がある場合は、家具販売店などの下取りサービスを利用して処分することができます。この方法でベッドの処分をする場合は、運び出しから運搬まで全てまかせることができるのでとっても便利です。

今まで使用していた古いベッドと購入した新しいベッドを交換してくれる下取りサービスは、無料の場合と引取り料がかかる場合とがあります。事前に下取りサービスの内容を確認しておきましょう。

リサイクルショップで売却する

ベッドを処分するには、リサイクルショップで売却する方法もあります。まだ使用年数が少ない物や壊れていない物であれば、リサイクルショップが買取ってくれます。

ただし、ベッドのような大型家具は、買取り依頼をするのに店頭に持っていくことが難しいため、事前に引き取りに来てくれるかどうかを確認しておきましょう。このときに、搬出や運搬の方法も聞いておくと安心です。

フリマアプリで出品する

最近は、誰でもスマホ一つで簡単に商品の売り買いができるフリマアプリが人気となっています。そんなフリマアプリを使ってベッドを処分する人も多いですが、この場合に注意が必要となるのが配送料です。

大型家具に分類されるベッドは、配送料が高額となるため、その金額も考慮して出品するようにしましょう。

不用品回収業者に回収してもらう

ベッドを処分するのに、不用品回収業者に依頼するという方法もあります。この場合は、まず業者に電話をして、ベッドの引取りを申し込みましょう。
回収費用は業者によって異なるため、依頼時にきちんと確認しておくのをおすすめします。

できれば、複数の不用品回収業者に見積もりをしてもらうと、どこが安いか比較して選ぶことができるため、処分の費用を抑えることができます。

自分でベッドを解体して処分する際の注意点

先ほど紹介したベッドの処分方法以外に、自分で解体して処分する方法もあります。そこで、ベッドを自分で解体して処分する場合に注意することを紹介します。

可燃ゴミと不燃ゴミに分けて捨てる

大型家具のベッドを処分する場合、自治体で回収してもらうのなら粗大ゴミとして出すのが一般的です。しかし、解体すれば普通ゴミの日に出すことができます。

この場合、可燃ゴミと不燃ゴミに分けて捨てるようにしましょう。
また、自治体によってゴミの分別規則は異なるため、事前に確認しておく必要があります。

一般的に、マットレスのスポンジは可燃ゴミ、スプリングは不燃ゴミに分けます。
フレームは、木材は可燃ゴミ、スチール素材のものは不燃ゴミとして分けて捨てましょう。

普通ゴミサイズに解体して捨てる

ベッドを処分する場合、1辺の長さが30cm以内に収まるサイズにまで解体すれば、ゴミ袋に入れて無料で処分することができます。
解体するのに、電動ノコギリやドライバーなどを使うため、ケガをしないように十分注意しましょう。

もし、普通ゴミに出せない場合は、ゴミ処分場に直接持ち込む方法もあるので、お住まいの自治体で確認してください。

有料粗大ゴミ処理券を貼り付けて捨てる

ベッドを解体しても普通ゴミで回収できない場合は、有料粗大ゴミ処理券を貼り付けて捨てましょう。
有料粗大ゴミ処理券は、処分する前に粗大ゴミ受付センターへ申し込む必要があります。
電話やインターネットから申し込むことが可能で、またスーパーやコンビニなどでも購入することもできます。

申し込み時に番号が伝えられるので、それを購入した処理券に記入してベッドの見えるところに貼り付けてください。そして、指定の場所に収集日の午前8時までに出しておきましょう。

ベッドを不用品回収業者に依頼するメリット

ベッドを処分する方法として不用品回収業者に依頼する場合、どのようなメリットがあるのかをまとめました。不用品回収業者の利用を考えている人は、これらのことを参考にしてみてください。

手間も時間もかからず処分できる

不用品回収業者にベッドの処分を依頼する最大のメリットは、手間も時間もかからないということです。
電話やメールで回収依頼をするだけで、特に何かをしなければいけないということもありません。

さらに、即日回収が可能な業者も多いため、すぐにベッドを処分することも可能なので、処分を急いでいる人にはおすすめです。

どんなものでもまとめて回収してくれる

不用品回収業者はどんなものでもまとめて回収してくれるため、ベッドの処分以外にも不用品があれば一緒に引き取ってくれます。

そのため、引越し作業時などの大量に不用品が出る場合などは、それらを一度にまとめて回収してくれるのですっきりと部屋を片付けることができます。

大きくて重い不用品を搬出してくれる

大きくて重いベッドは、部屋から搬出してもらうところからお願いできるのが不用品回収業者に依頼するメリットとなっています。

特に一人暮らしの女性などは、粗大ゴミなどでベッドを処分するとなると、外に運び出すだけでも一苦労です。それが不用品回収業者に依頼すると、搬出から回収、処分までをすべて引き受けてくれるためとっても便利です。

まとめ

今回は、いらなくなったベッドを処分する方法について紹介してきました。大型家具のベッドは、自治体の粗大ゴミ回収に出したり、不用品回収業者に回収してもらったりして処分することができます。
また、不用品回収業者に依頼すると、手間も時間もかからずどんなものでもまとめて回収してくれるといったメリットがあります。ベッドの処分を考えている方は、これらのことを参考にして頂けたらと思います。